NISA制度

今や広く知られている「NISA」ですが、税金がかからなそうだし簡単そうだからやってみたいという株の初心者は多いのではないでしょうか。

NISAの制度や仕組みはいったいどのようになっているのでしょうか。

【NISAとは】

NISAとは、少額投資非課税制度のことを指し、年間120万円以下で投資した利益について非課税となり優遇されます。

非課税の期間は最大5年間となっており、開始から10年間は120万円の非課税投資枠が追加されてゆきます(繰り越しはできません)。

NISAがスタートしたのは2014年の1月からですが2016年現在で1000万以上の口座が開設されており、未成年者によるジュニアNISAも増加傾向にあります。

NISAの口座は証券会社の口座を保有していないと開設することができませんので、まずは証券会社に口座を作りましょう。

取り扱い可能な商品は国内株式・海外株式・投資信託・積立投資などがありますが、会社により異なります。

【現在の税金と比べてどの程度お得?】

NISAでない一般口座・特定口座で投資を行うと、利益に対して20.315%の税金がかかります。

しかし、NISA口座を利用すれば120万円以下であれば一切が非課税となるわけです。

120万円の非課税枠を使って買った株を300万円で売却した場合、180万円の売却益が出ますがこの場合は180万円が非課税となります。

【メリットとデメリット】

いちばんのメリットは売却益だけでなく、配当金や分配金も非課税で確定申告がいらないということです。

いちばんのデメリットは損益通算ができないということでしょう。

特定口座・一般口座の場合はその内部で複数の株の銘柄の取引きをした場合利益と損益が相殺され税金がかかりますが、一方がNISAの場合は通算ができないため多く税金を支払わねばならなくなってしまいます。

また、通常は確定申告をすれば損失繰越ができるため翌年利益が発生したとしても繰り越した金額の相殺額がマイナスであれば税金を支払う必要がないのに対し、前年度の損失がNISAであった場合繰り越しができないため翌年の一般口座・特定口座で発生した利益に対して税金がかかってしまいます。

【積立型NISA】

2018年から、さらに使い勝手がよいとされる積立型NISAがスタートします。

非課税枠が40万円となるかわりに、非課税期間が20年と大幅に延びる制度です。

非課税枠は減少していますが、期間が5年から20年と大きく変更されたのがこの積立NISAの大きなポイントです。

参考記事はこちら(http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170101/Jisin_27083.html
)から。

現行のNISAとの併用はできないため、注意しましょう。