初心者が株の投資に必要な資金とは?

いざ、株の初心者が株式投資をしようと考えた場合、どのぐらいの資金を用意しておいたほうがよいでしょうか。

また売買単位はいくらからなのかなども踏まえて、株の売買制度について説明していきます。

【資金について】

まず、日本の株は一株から購入することはできません。

一般的に100株単位で購入することになります。

例えば、A社の株が一株1000円だとしたら、100株で10万円の資金が最低でも必要となります。

ですが、株式投資は安定した利益を得るために複数の銘柄を買うことで取引を行うことが一般的であり、一社だけの株を保有している人はあまりいません。

3銘柄を保有するのであれば最低30万程度は必要といえるでしょう。

また、株取引は証券会社を通して行うため数百円程度の手数料がかかります。

【売買単位について】

通常、企業が定める100株・1000株などのまとまった単位を「一単元」と呼び、単元株数で売買を行います。

現在は統一されていませんが、2018年にはすべて一単元=100株で統一することになっています。

【少額投資・ミニ株について】

株は単元での取引が基本ですが、単元未満での売買も可能です。

単元未満株と呼ばれており、主な制度としては1株単位で売買ができる「単元未満株取引」、定額分を毎月納めその金額で買える株を運用する「株式積立投資(累投)」、単元の10分の1単位で売買が可能な「ミニ株」などがあります。

単元未満株を保有している人は、配当や優待を受けることはできますが、年1回行われる株主総会では議決権を有しません。

また、単元未満株の取引は証券会社で行っているため、証券取引所での売買はできません。

ミニ株で買える銘柄は通常の株取引の銘柄とほぼ変わらず、全銘柄に近いといえます。

通常の資金での取引ではリスクが高いから少額から始めたい、一部上場の株式保有にチャレンジしたいという人はミニ株からチャレンジするのもいいでしょう。

ミニ株の注意点ですが、1株単位の取引しか認めていない企業や保振制度(実物の株券のやりとりを行わずに売買を行うこと)を認めていない企業はミニ株を取り扱っていません。

また、年間の口座維持に対する固定費用も発生してきます。

オンラインの証券会社では無料のところもありますが、維持費がかかる証券会社もあります。

取引が多い人は問題ありませんが、ミニ株だけを買って放置しておくには口座維持費はバカになりません。

いくらぐらいのミニ株を買うのか、取引をどのくらい行うのかなども考慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です